トコ助産院 赤ちゃんお迎えクラスに潜入! 〜安産編〜

こんにちは! 健美サロン渡部の松下です。


ご存知の方も多いとは思いますが・・・ 健美サロン渡部がある 「京都トコ会館」は、 1F 健美サロン渡部 2F トコ助産院 3F ヨガスタジオFIVE ELEMENTS と、赤ちゃんからお年寄りまで 「健やかに生きたい」に 向き合える空間です。


私はふだん、健美サロン渡部で 受付をさせて頂きながら、 3Fのヨガスタジオにて、 ヨガクラスを担当しています。


そしてこの度、 2F トコ助産院 へ・・・ 「赤ちゃんお迎えクラス① 安産編」 に潜入して参りました!



実は私、学生の頃から お産への憧れがあります。


理由はいろいろありますが、 いちばんは、学生の頃に参加した、 ある助産師さんのお話会で見たスライド。 お産直後、お母さんが赤ちゃんを胸に抱く姿が あまりにも美しくて お産って、なんて美しいんだろう・・・ それが私の第一印象でした。


さて、お迎えクラス①安産編。 クラスは、自己紹介から和やかに 対話形式で進められていきます。


講師の嵐助産師は、 総合病院で28年勤務、 延べ1000人以上のお産に立ち会ってきた ベテラン助産師さんです。 ここ10年ほど、 お産が長引くお母さんが増え、 生まれてきた赤ちゃんの様子も 昔と変わってきたことに気づき始め、 トコ助産院院長 渡部信子の元で 学びを重ねてらっしゃいます。


今回参加してくださったのは、 ・初産 ・高齢出産 ・お仕事をしている ・ご主人が長期出張予定 と、なんだか境遇の似たお二人。


お二人とも、お産に向けて、 「自分でやれることをやっていこう」 と前向きな気持ちの素敵な妊婦さんです。


では、 自分でやれることって、 具体的にどんなことをすればいいの?

まず、 お産をイメージをして、 お母さんの様子 赤ちゃんの様子 両方からお産の経過を辿ります。


「お腹の赤ちゃんの膝が伸びていたのですが?」 「回旋異常になったら?」 「お産の時の便は?おしっこは?」 「破水って?」 「夫の立ち会いってどうなの?」


安産に向けて 妊娠期の今できること、 お産が始まったらできること そしてやめたほうがいいこと。 たくさんのこぼれ話と共に クラスは進んで行きます。


そして安産にかかせない操体法の演習。 おっぱい、脇、肩甲骨をほぐして 上半身をゆるゆるに。


タオル玉やタオルで 首や背中をマッサージ。

リラックスが鍵となる 陣痛時のために、 力を抜く練習をします。


どんな操体法が自分に合っているのか、 妊婦さんによってさまざま。 自分が気持ち良いと感じるものを やってみて、身体の声に耳を傾けて、 続けるのが大切です。


最後に、情報過多な今の世の中について。 情報を集める、知識を得るのはとても大切。 そしてもっと大切なのが、 その中から必要なものを 自信を持って選択することだと、 嵐先生は締めくくります。


主役はお母さん。 自分でやれるだけのことをやること。 そして 赤ちゃんの準備が整うのを待つこと。

小さな決意を自然に促される 嵐先生のクラス。


自分を信頼し、赤ちゃんを信頼すること。 それをやり遂げたお母さんの姿が 昔見た美しいスライドの正体だったのかしらと 思い出しました。


助産師さんと存分に話せる、 妊婦さんのためのクラス。 ぜひ一度嵐先生に会いに来てくださいね。

6回の閲覧