⁑ヨガよもやま話⁑「気持ちのいい音を響かせたい」



こんにちは。

ヨガスタジオFIVE ELEMENTSのKeikoです。





わたしはマントラを学んでいます。


マントラとは、サンスクリット語の祈りのことば。

日本語にすると、「真言」が近く、わかりやすいかもしれません。


古代インドの聖典ヴェーダを唱える

ヴェーディックチャンティングを学んでいます。


マントラもヨガの行のひとつであり、

クラスのはじめと終わりにマントラを唱えるのが、伝統的なヨガのスタイル。


わたしもクラスの前後にマントラを唱えています。



マントラにであったのは、ヨガスタジオに通い始めて少し経った頃。

一番はじめに聞いたのは、OMという音でした。

ヨガはアーサナだけじゃなくて、音も唱えるんだ~!と新しい発見でした。


その後、ヴェーディックチャンティングにであいます。


初めてそれに触れたとき、音のエネルギーに衝撃を受けました。


音が身体に入ってくる、浸透する感覚

音を聴いているだけなのに、琴線に触れて勝手に涙があふれてくる

言葉の意味はまったくわからないのに、とても大事で、とても神聖だという感覚

音のリズムや音階が、とてもしっくりくる、馴染む感覚


サンスクリット語は、それ自体が波動が高く神聖な音とされています。


昔から歌うことが好きで、お経に馴染みがあったこともあって、

「マントラを唱えられるようになりたい」と自然と思うようになっていました。


本格的に学び始めたのは、2020年から。



サンスクリット語の発音は、宇宙の音ともいわれるだけに、とても精妙で複雑です。

舌を置く位置や、口の中のどこから音を出すのか、など細かく決められています。


正しく発音するからこそ、それぞれのマントラが持つ、

本来のエネルギーをまっすぐ伝えることができます。


唱え方や型が決まっているので、

先生が唱える様をよく見て、真似て、習得していきます。


日本語にはない発音、音に苦戦することもありますが、

わたしはそれを楽しんでいます。


そう感じるとき、わたしにとって唱えることや音は、

欠かせないものなのだなぁと実感します。



わたしたちの身のまわりは、音であふれています。


気持ちいい音もあれば、そうでない音もあって

外から聞こえてくるだけではなく、内から聞こえてくる音(声)もあります。


わたしたちは、目でものを見るのと同じくらい、

(それ以上かもしれませんが)

耳からも、様々な音の情報を受け取っています。


マントラは、外からやってくるものから身をまもり

内から湧き出てくるものからも自分を守ってくれます。


マントラを心のキャンバスに描き、響かせていく。



マントラでなくても、自分にとって心地いい音やことばを

なるべくたくさん、繰り返し聴いたり、声に出したりする。



その音が内側に広がっていけばいくほど

心は安定し、穏やかになり、神聖な部分にも触れることができます。






いつも内側に気持ちのいい音を響かせていたい。


そして、これからも

わたし本来の音を、マントラを通じて探求していこうと思っています。



FIVE ELEMENTS Keiko

閲覧数:10回