耳を澄ませば・・・

トコ助産院 嵐です。


前回のブログでお話しした

赤ちゃんお迎えクラス 必勝安産編に

参加してくれた

ゆう先生のレポート 

それに引き続きまして・・・

何を隠そう、わたくし

♪ スタッフ~ スタッフ~ ナ~ンバーワ~ン ♪

( 懐かしのスポコンアニメ

わかる人は、わかってくれますよね、きっと・・・ )

な感じで、スタッフの中でダントツに体がかたいんです。

歳のせいもあるけど、昔っからです。

しかも、体の感覚も鈍くて

体の快・不快がわかりにくいんです。

でも、やっと気がついた。

私は、今まで、自分の体の声を聴いてこなかったし

実は、そんなに大事だとも思っていなかった。

思えば

物差しが外にあったので

自分の気持ちの扱い方がわからなかった。

いつも誰かに

「私、こう感じているけれど、これで合ってますか?」

「これ、おかしくないですか?」

って、確認したくなって

自分の感覚や感情を尊重することが苦手だった。

だから

こころの快・不快だけでなく

からだの快・不快にも鈍感だったのかなと思います。

こころの緊張やかたさは、からだにも現れるのですね。

(もちろん、からだそのものの発達不足もございます(-_-;))

そんな私が、

ゆう先生のレポートにあったように

人様には

「からだの声に耳を澄ませましょう」

なんておこがましい事をお話しているわけです。

うわーん、ごめんなさい(-_-;)

けれど、それは、自分が得意ではなくて

でも、とても大切なんだと、やっと気づいたからです。

渡部信子学院長

渡部博樹院長の

セミナー受講や施術アシスタントをして

ヨガ教室の先生方と、一緒にヨガをする機会に恵まれて

(当然、私はポーズには程遠い、準備体操レベルですよ~)

保育士のスタッフからは、乳幼児のことを教えてもらったり、と

いろいろな機会を頂いて

「からだ」の大切さを実感し、それを、お伝えしたいから・・・。

頭で考えるだけでは片手落ち

大切なのは「日々の実践」なんて

「禅」の教えみたいなことを感じている今日この頃です。

2回の閲覧