渡部信子先生の妊娠力UPクラス~10月~

みなさん、こんにちは! トコ助産院の佐藤です。


ここ数年、「妊活」や「特定不妊治療助成制度」という言葉を、 よく耳にするようになったとおもいませんか?


少子化の深刻さはずいぶん昔から言われていますが、 妊娠したい女性が、勇気をだして情報を発信していることも とても関係していると思います👇


信子先生ブログ「魔女のひとりごと」でも 紹介されています

特定不妊治療助成制度」というのは 不妊治療の経済的負担の軽減を図るため、高額な医療費がかかる、 配偶者間の不妊治療に要する費用の一部を助成する制度のこと。


厚生労働省によると 平成16年の助成延件数は  17657件。 平成25年の助成延件数は 148659件。 10年の間に8倍以上の助成が行われています。

制度の認知が高まったことや複数回の助成を受けることもあるのでしょうが、 妊娠するためにこれだけの回数の治療が行われているってことですよね。

「特定不妊治療」というのは「体外受精および顕微授精」の事ですから ここに至るまでの沢山の検査や タイミング療法・ホルモン療法・排卵誘発剤・手術などは この件数には入っていません。

ということは、妊娠したくて頑張っている女性はもっと沢山おられるということ!


そんな、頑張っている女性へ向けて、 10月21日、渡部信子先生の妊娠力UPクラスを開催しました(^O^)/

妊娠しやすく、妊娠中に母子ともに経過がよく、安産できる体」・・・とは どんな体なんでしょう?


信子先生が、骨格と妊娠の関係を、分りやすく解説。 妊娠と頭蓋骨、妊娠と歯並び、妊娠と背骨・・・などなど


妊娠と頭の形の関係・・・?

それって、関係あるの(・・? と思われるかもしれませんね。


妊娠に必要な「ホルモン」を出すのは「脳の下垂体」というところ。 その脳は、頭蓋骨の中に入っています。


つまり、頭蓋骨は脳のお家🏠


下垂体にしっかり働いてもらうためには、 その住み心地を良くしてあげることが大切なんですね🍀


なるほど~(゚д゚)!


「妊娠とホルモン」ときくと、


ホルモンが出なかったり出過ぎたりするのを お薬で調節するというイメージでした💊


でも、よく考えてみると 他の臓器・・・例えば肺でも 圧迫されて狭くなったり血液がうまく流れてこなかったり 住み心地が悪くなると、本来の力が発揮できなくて その結果、息が苦しいという症状がでます💀


自分の体が機能しやすいよう整えるというのが大切なんですね✨

そんな視点で、自分の体を細かくチェックします。

こんなことも!あんなことも! 妊娠に関係があるんだ! と、びっくりの連続(;゚Д゚)!!


でも、先生のお話しをきくと びっくりが納得に変わります。 ワタシの身体って、そんな仕組みになっているのか~と 目からウロコが落ちる感じ👀👀

そして、大切なセルフケア方法。 いろんな体操をしましたよ(@_@) やはり、体をよく動かすことは ヒトが生きていくうえでも、妊娠するうえでも大切です(^_-)-☆


妊娠と体についての講義や 体のチェック、体操とあっという間の2時間。 とても濃い内容で、みなさんとても真剣に聞き入っておられました。


今日のクラスで学んだ、


自分の体を知ること。 体を整え、鍛えること。 是非、実践して身体づくりをしてくださいね!


トコ助産院では 妊娠しやすい身体づくりに必要なセルフケアなどの 個別保健指導を行っています。

次回の 渡部信子先生の妊娠力UPクラスは 開催未定です。 「是非、受講したい!」というご要望がありましたら トコ助産院まで連絡下さい(^O^)/

1回の閲覧