当たり前にある日々

トコ助産院 嵐です。

昨日、熊本県で大きな地震がありました。

被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

私の故郷は、和歌山県。

南海トラフにおける地震の可能性は

地震の規模  : M8~9クラス 地震発生確率: 30年以内に、70%程度 と言われています。

特に、私の住む紀南地方は、津波の被害が深刻で

10mを越える津波が、

地震発生後、4~15分程度で沿岸部に到達すると

シミュレーションされています。

そんなわけで

地震の恐怖は、常に頭の片隅にあり

次はうちの番かなあ・・・なんて思っているわけです。

決して、他人事ではありません。

今回の地震の報道に接しながら、本当に心が痛みます。

また、台風銀座なんて呼び名もあるくらい

和歌山県は自然災害が多い土地柄です。

2011年の紀伊半島豪雨では

50名の方が亡くなり、5名が行方不明となりました。

ひるがえって、京都・・・。

2013年 景勝地、嵐山の水害は記憶に新しいものの

京都市は自然災害が少ないですよね。

今、住んでいても、あまり不安がありません。

何だか、京都は守られている気がします。

(私の勝手な印象ですが)

昔の人は、それをわかっていて都を移したのでしょうか・・・。

日本の国土の面積は全世界のたった0.28%ですが

全世界で起こったマグニチュード6以上の地震の20.5%が日本で起こり

全世界の活火山の7.0%が日本にあるそうです。

まさに、災害大国日本・・・

いつどこで何があっても不思議ではありません。

特に命を宿している女性や

子育て中ならば、なおさら不安も募りますね。

けれど、日本人は今まで、数えきれない自然災害に遭いながらも

人間も自然の一部であることをわかり

驕らず、謙虚に、自然と共存しながら生きてきましたね。

八百万の神を敬い

困った時は、お互い様で

助け合う事の大切さを知っている国民性は

災害の多い日本だからこそ

育まれたと言えるのかもしれません。

五十にして天命を知る、どころか

いくつになっても煩悩に振り回されていますけれど

当たり前にある日々に感謝しながら

一日を丁寧に暮らしていきたいと思います。

余震の報道が続いています。

お天気も心配です。


どうぞ、被災地に一日も早く

穏やかな日々が訪れますよう、お祈りいたします。

0回の閲覧