子育てサークルで『紅型染め』のワークショップをしました(*^-^*)クリスマスを楽しめそうです♬

こんにちは

子育てサークルいっぽの内山です🌺

12月1日(水)いっぽの会で

『紅型(びんがた)染め』のワークショップをしました(^^)/

今回参加された方の中には、着付けをされている方や習われていた方も。

その二人とも、紅型染めの帯は大変高価で憧れているので

今回体験できるのが嬉しい(*^-^*)とおっしゃっていました。

みなさん、自己紹介からわくわくしている気持ちが

伝わってきましたよ♪


紅型染めとは、沖縄の昔からある伝統工芸の中でも

唯一の染め物で、その昔…

琉球王朝の王族の衣装に使われていたそうです。

そして江戸時代中期に今の形になったとのこと。

色鮮やかでとってもきれいですよね。



戦争で貴重な道具が消失した中、

紅型染めの御三家が復興されて今に広がった…という

歴史を少し教えていただきました。

いよいよ作業に

使う塗料は、紅型の特徴『顔料』です。

これで、くっきりはっきり、深みのある色付けができるんです。


使う筆も毛先が短く、つんつん(*^-^*)

これを色付けしたいところにあてて、

くるくる円を描くように、三日月を描くように

こすりつけて色付けをするんです!


これが意外と難しくて、

顔料が筆に多くつきすぎると

布の後ろに染み込んでしまったり

余分な水分を取りすぎると

今度は布にうまく色が染み込まなかったりで…

何度も多依子先生にチェックをしてもらいながら

第一行程終了。


次は『隈取』と言って、これも紅型の特徴で

ぼかしを入れていきます。

この作業には色使いのルールがあり、

組み合わせができる色とできない色があるんです(*^-^*)

これによって、あの南国らしい色が出ます。

もくもくと作業に没頭・集中=癒し(*^-^*)

の時間が過ぎていき…

色を重ねていくとこんな仕上がりになります!



そして私たちができる行程はここまで

「色がはみ出てるやーーん!」て、思うでしょ( *´艸`)?

これでいいんです

あとは、先生が洗って糊を落として乾かしてくださるんです。

するとこんな感じに仕上がりまーーーーす!

の、予定です(´▽`)!!





多依子先生の衣装も紅型染め

そのひとつには、お子さんが描いた絵を型に

染められているものがあり、とてもかわかったですよ。

同じ型紙、同じ顔料を使っていても、

色の組み合わせや配色で随分と雰囲気が変わります。

紅型染めを通して、手作業の染め物のあたたかさ、

沖縄の歴史ある色彩にふれられた

楽しいひとときでした。

当日講師で来てくださった小林先生、

小林先生のお師匠さんである

工房チリントゥの戸谷先生、

本当にありがとうございました。

0回の閲覧