らくらく育児クラス~6月~

こんにちは。

久しぶりの登場、川上です(^^

とうとう関西も梅雨入りしましたね☂

近所を散歩していると、カエルの大合唱が聞こえてきます🐸🎶

全身で梅雨を感じる、今日この頃です(*^^*)

梅雨の晴れ間の6月7日(木)、

渡部信子先生のらくらく育児クラスを開催しました!

4組のママと赤ちゃんがご参加でした✨


教室の中では、信子先生からたくさんの

「ママと赤ちゃんに優しい育児のポイント」

紹介されます

今回は、少しだけそのポイントをご紹介します(^^)/

最初は、いつもの『抱っこ』のチェックからスタート🌟

赤ちゃんを抱っこするとき、手首が無理な角度になって

腱鞘炎⚡なんてことが育児の中では時々起こります!

その予防として、、、

ポイント① 無理のない抱っこの手をつくる✋

このママのように手のひらを外側に向けて手を組むと、

手首に負担がかからない抱っこの手の完成です🎵

この中に赤ちゃんを包み込むように抱くと、楽チン抱っこができます💖

みなさん、とっても上手に「Cカーブ」作れていましたよ✨

赤ちゃんも落ち着いています(*‘∀‘)


まるまる育児を実践中のママ達、

スクワット抱っこも完璧です👏パチパチ


次にご紹介したいのは、

ポイント②

げっぷの方法です✨

まるまる育児で定番のげっぷの方法、

まるまる抱っこでお尻モニョモニョ

その方法では上手くげっぷが出ないという方は、

こんな方法もありますよ💡

ママの太ももにうつ伏せにして、お尻を軽くユラユラ

背中の緊張が「フッ」と緩むときにげっぷが出ます(*´з`)

これなら、ママにも赤ちゃんにも負担がないですね

ぜひ、試してみてください

最後にご紹介するのが、

親指を手の中に握りこんでしまう「握り母指」

ポイント③

「握り母指」の解消法です👍

親指って、

物をつまむ時、ハサミを使う時などに

しっかり動くことが必要なんです✂✨

そのために・・・

タオルで指を包み込んでクールクル

親指をしっかり刺激したら、

順番に他の指も刺激してあげましょう👌💛

この方法、赤ちゃんだけでなく、

ママもやってみると気持ちいいんですよ~!(^^)!

ご参加のママ達も

手が開きやすくなった👀!!」と驚いていました⤴⤴

手が疲れた、、指をよく使った、、

と思ったら、試してみてください✨

今回ご紹介した

「ママと赤ちゃんに優しい育児のポイント」は、ほんの一部!

育児に役立つ情報が満載のらくらく育児クラス(*´▽`*)

次回の開催は、

7月4日(水)13時~15時です。

参加ご希望の方は、

・妊娠中の赤ちゃんお迎えクラス

・出産後のまるまる育児クラス

・トコちゃん教室&ショップ

・出産施設などで

おひなまきの使い方、まるまる抱っこの練習や実践をしてお越しくださいね。

ご参加、お待ちしています✨✨✨

0回の閲覧