まるまる育児クラス

みなさん、こんにちは。

4月から、トコ助産院で勤務させて頂く佐藤雅子です。

「日本のひなた宮崎県」からやって参りました。

今後、クラスの担当を梅田助産師とともに行います。

どうぞよろしくお願い致します。


3月22日に龍池講師による

「まるまる育児クラス」が開催されました。

今回、5組のお母さんと赤ちゃんが参加して下さいました。



受講の動機を尋ねると、経産婦さんは口をそろえて

「上の子の時にずっと泣いて大変だった!」

と、おっしゃっていました。

授乳をしても、オムツを換えても、抱っこしても、

泣きやまない我が子に途方に暮れるというのは、

本当につらいものですね。

お腹の中の赤ちゃんは、

子宮に全身をぎゅっと抱っこされています。

産まれた赤ちゃんは、子宮の抱っこがなくなって、

重力のある地球で自分の身体を支えていかなくてはなりません。

「どうやったら赤ちゃんが気持ちよく過ごせるのかな?」

を、学ぶのが「まるまる育児クラス」です。

まるまる育児クラスには

「まるまる育児って何だろう」を学ぶクラス

「実際に赤ちゃんをまるくする方法」を学ぶクラス

の2つのクラスがあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

「やってみようまるまる育児」のクラスでは、

実際に赤ちゃんを丸い姿勢で抱っこしたり➡まるまる抱っこ

寝かせたりする➡まるまるねんね

のほかに、おひなまきで丸く包む練習も行います。

そのポイントのひとつに「おひなまきのサイズ」があります。

はじめは、体の緊張があり

突っ張ったり反ったりする子もいますが、

おひなまきにはいっているうちに、

からだの緊張がゆるみ丸くなれるようになってきます。

そうすると、赤ちゃんと布の間に隙間ができるので

ぴったりフィットさせるために結びなおします。

大きめサイズのものを使っていると

だんだん結び目が大きくなってしまい、

隙間を詰めにくくなります。


今日参加してくださったお母さんも、

ひとつ小さいサイズで練習してみたところ、

体にフィットしたおひなまきが出来るようになりました。

始めは泣いていた赤ちゃんも、にっこりご機嫌!

気持ちよくなったんだね!


なんだかうまくおひなまきができない時は

サイズを見直してみるのもひとつの方法ですね。

0回の閲覧