はつらつマタニティクラス~9月~

みなさん、こんにちは! トコ助産院の佐藤です。

ちょっと涼しくなってくると、出かけたくなりますねヾ(≧▽≦)ノ

自転車に乗って、気持ちよくぶらぶらしていると こんなものを発見。

道路の工事用のパイプつなぎ。 お嬢さんが、着物で頑張ってます。

京都らしい光景ですね。 宮崎だと、お猿さんやカエルさんが頑張ってるんですよ(^^♪

このお嬢さん達が お勤めしていた二条城の近くに 「二条陣屋」という、重要文化財に指定されている民家があります。 ここは…忍者屋敷なんだそうです( ゚Д゚)

小学生の時に、忍者の修行についての本を読んで知ったのですが 屋根瓦の上へ、ぴょんと飛び乗る、あのジャンプ力。 一体どうやって身につけたのか? みなさん、ご存知です?

忍者は、生長の早い麻などを植えて その上を毎日飛び越えるという修行をするそうです。 どんどん成長する麻。 最初は楽に飛び越えられるけれど、徐々に大変になってくる。 でも、毎日繰り返し、昨日より少し高く飛んでいるうちに、 麻が伸びるに連れてぐんぐんジャンプ力が増す…らしいです。

これって… 妊婦さんの生活みたい…って、私は思うのですけど(=゚ω゚)ノ

精子1個の重さは、17pg(ピコグラム) 卵子1個の重さは、1.5㎍(マイクログラム) ミジンコ1匹の重さは、8㎍。(変な例ですみません)

ミジンコの1/5ほどの重さの受精卵が、 10ヶ月で3キロにもなるんです! すごいスピードですよね(゚д゚)!

更に、胎盤や羊水や血液、大きくなったおっぱいの重さ… 日々、重くなっていく身体で 妊婦さんは日常生活を送るのです。

日々、成長する麻を飛ぶ忍者の姿と重なってみえませんか? (…私だけかしら?)

妊娠初期は何ともない方でも、 妊娠週数がすすむにつれて身体を支えられなくなってくると 腰痛や恥骨痛、むくみなどの症状が出てくるということは よくあります。

そうなってしまった妊婦さんのためにと、 「トコちゃんベルト」はうまれました。 (トコ助産院ではトコちゃんベルト装着指導も行っています)

少しでも早く体を楽にして、動ける身体づくりをしてほしいという 願いがこめられています。

理想は「妊娠した体は自分の骨格筋でささえる」。

グッズに頼りすぎてしまって 自分で体を支える努力をしなかったら…? 筋力は落ち、赤ちゃんは日々成長してお腹は大きくなり ますます体が支えられなくなる… そうなると、産む・育てるための体力もつきません。

妊娠したら、早いうちに自分の体に目を向けて 10ヶ月の妊娠期間を 無事に、そして快適に、穏やかな気持ちで すごして欲しいと思うのです。

じゃあ、何をどんなふうにしたらいいんだろう? それを一緒に考えるのがはつらつマタニティクラスなんですよ(^_-)-☆

9月4日、はつらつマタニティクラスは 2名の妊婦さんが参加してくださいました( ^ω^ )

自分の体に目を向けて


あ、こんな動きをすると体がかたいけど

こんな体操をすると楽になる!


この体操って簡単だけど

体がポカポカ、血が流れる感じ!

これなら毎日コツコツと出来そう✨

元気な体で元気な赤ちゃんを育てる。 そのための身体つくりは、ある意味「修行」なのかもしれません。 でも、自分のためだけのものではないのですよね。 元気なお母さんは、人類の宝物なんですから(≧▽≦)ノ

次回のはつらつマタニティクラスは 11月25日 土曜日 10時~12時 開催予定です ご参加、お待ちしています(^O^)/

0回の閲覧