おっぱいケアの❝いろは❞



こんにちは(^^)

トコ助産院 今西です。

今日はおっぱいのケアについて

特に妊娠中のケアについてお話ししますね。(^_-)-☆


トコ助産院の母乳育児クラスを担当していて

初めてのお子様を迎えるママがよく口にするのが

『母乳で頑張って育てていきたいです!』!(^^)!

とか

『おっぱいは出産したら出るもんですよねぇ~』(^^)v

とか

『おっぱいが出るのって簡単ではないですよね~』(>_<)

など不安や期待や意気込みの言葉です。


トコ助産院では皆さんの想いにそって

お話しを進めていくのですが、

いずれにしても

妊娠中のおっぱいケアを

する・しないで、大きく変わってくるんですよ~。(^^♪


妊娠中のおっぱいケアは安定期に入って、

妊婦健診の結果に異常がなければ、

開始しても構いませんよ。

そうです!

準備は着々と進めましょう!

骨盤ケアをしているママのお腹の中で

まんまるになってる赤ちゃん。

口元にある指をママの乳首に見立てて

おっぱいを吸う練習をするんですよ。

一生懸命に練習している

そんな赤ちゃんを思ってみましょう。( ˘ω˘)

産まれてきた赤ちゃんの飲みやすいおっぱいの準備

母乳を出す準備

飲みやすい乳頭・乳輪部の準備

出来ていますか?


お腹の中の赤ちゃんの胎動がわかったら

おっぱいケアを始めていいよ!オッケー☆⌒d(´∀`)ノ のサインです。

ママ側の条件としては・・・

★お腹の張りがない。

(お腹の張り止めの薬を内服中のママはストップ!です。)

★性器出血もない。

★妊婦健診で『異常がない』と言われている。

(逆子といわれている・胎盤の位置が低いなどのママはストップ!です。)

などの事を確認してから始めるといいですね。


産後のおっぱいがスムーズに授乳態勢に移行できるためには、

妊娠中から基底部のマッサージをして

血液の流れがスムーズであることが必要です。

赤ちゃんが飲みやすい乳首にするためには、

妊娠中から乳頭・乳輪部のマッサージをして

ソフトで柔らかな乳頭・乳輪部である事が必要です。

産後のトラブル予防にもつながりますよ。


是非、ママの条件が整っていれば

トコ助産院の

赤ちゃんのお迎えクラス 母乳育児編を

早めに受けましょう!ヽ(^o^)丿


3月は  16日(月)14:00~16:00

4月は  27日(月)14:00~16:00

です。


お待ちしていますよ~。!(^^)!

11回の閲覧