【sound∞yoga】月のテンポ116×チャクラヨガ×キールタン 開催レポート!

4月9日(土)、 【sound∞yoga】 月のテンポ116×チャクラヨガ×キールタン ワークショップを行いました。


今井弦一郎さんとmikikoさんが、 関東から京滋ツアーを組んで きてくださいました。


なんとこの日は、 このイベントを見つけて 富山から旅行の予定を組んで 来てくださった方もおられて 本当にビックリ、そして感激しました。


今井弦一郎さんは、 3歳からバイオリンを習い、 ずっと音楽のある人生を 歩んでこられました。


様々な音楽と触れ合い学び、 今はニュートラルな音楽を 志しユニット「sound8」としても 活動されています。


特定の感情を表現したり、 何かを伝えたり、 そういうところを超えて 宇宙に満ちている『本来の自然な音』。


それは決して静かな 『川のせせらぎ』や、 『小鳥のさえずり』 『よせては返す波の音』 のようなものだけではない。


アナログな音が必ずしも自然なのではなく、 とてもシステマティックに 「一寸のくるいもなく設計された宇宙」の音は、 一定のリズムを刻んでいる。



その表現として、 ズン・ズンと振動をともなうくらいの 大音量の音楽を流しながら 自由に好きなようにその場を楽しむ 新しいスタイルの「ヨガラウンジ」を 提案されています。


音楽は、月のテンポ116で。 1分間に120ビートを刻む太陽のテンポに対して、 1分間に116ビートを刻む月のテンポは、 そこに身を委ねると、 どことなく私たちの無意識の領域に 働きかけるような感覚でした。


自然とカラダが動いて 気持ちよかったし、 シャバーサナでリラックスもできたことに 驚きでした!


これは、キールタンのための音合わせの様子。



mikikoさんのチャクラヨガは、 流れるように洗練された美しさ。 あっという間の心地よい時間でした。


人が大好きで、 はじめて会う人の懐にも、 一瞬で入っていってしまう 人なつっこさ。 今回は、 そんな彼女がとっても場を盛り上げてくれました。


来てくださった方たちも、 キールタンを含めとても楽しんでくださったようで 私たちも嬉しかったです。 またコラボレーションしよう! と言って滋賀へ向かうお二人を見送りました。


乞うご期待^^


(投稿者:Ai)

0回の閲覧